西東京市 入浴について

【完全予約制】Tel:042-427-4829

西東京市 入浴について

2017-07-29

夏になると、入浴せずにシャワーだけで済ましてしまう方もいらっしゃると思いますが、入浴には、心地の良い眠気の誘発、冷房による冷え性や肩こりなどの体の不調の和らげる、ダルさや疲労の回復など多様な良い影響があります。

1、ダルさ、疲れにそれに対し入浴する事によって、副交感神経の活動が優位になります。

副交感神経が働くと心拍数は安らぎ、筋肉も弛緩し、血管も弛緩します。又、胃腸の働きがさかんになり、新陳代謝が促されます。

反対に、交感神経が働くと心拍数が上昇し、筋肉はかたくなり、血管が収縮して細くなります。なので、副交感神経の活動を優位にする事によって、血管がひろがって、全身の血液の循環がよくなります。それにより、全身にたまった老廃物を流してくれて、疲労回復にもつながります。

2、冷房による冷え、それに伴う頭痛、肩こりなどにそれに対して

冷房のききすぎなどで外気温と室温の差が大きくなると、自律神経のバランスが崩れ、体温調節働きにくるいが生じます。これにより真夏でも体が冷えた様子になり、頭痛、肩こり、腰痛など様々な身体の不調を引き起こしてしまいます。

この場合、交感神経が優位になってしまっています。この状態にたいしても、入浴を行う事で、副交感神経の活動が活発となり、自律神経のバランスを整えてくれます。

3、睡眠に対して

人の体は、深部体温が下がりはじめると眠気がでてきて、下がるにつれて眠気が増していきます。けれども、真夏の暑い季節では、夜でも気温が高いため深部体温が下がりにくく、それにより自然な眠りに入れず、睡眠が浅くなってしまいます。

深部体温とは、日頃私たちが測る体温とは違って体の中心部の温度の事を指します。この就寝前の深部体温を下げる手助けをするのが入浴です。

入浴すると、一時的に体温が上昇します。また入浴後は、血管がひらいている為に熱が放散されやすい体になり、結果として体温が下がっていきます。それにより、入浴をしない時よりも体温がスムーズに下がり、深い睡眠が得られます。

最後に入浴の仕方ですが、寝る1時ほど前を意識して入浴して、38℃から40℃くらいのぬるめのお湯に15分から20分ぐらいちょっと長い時間浸かりましょう。

42℃以上のお湯に浸かってしまうと、副交感神経ではなく交感神経の活動が優位になってしまうので配慮しましょう。
 
 
 
 
 
ご予約・お問い合わせお待ちしています。
西武バス「谷戸住宅」から徒歩10秒
東京都西東京市谷戸町1-2-1 ラフィーネキタハラ106
☎042-427-4829
おおしま整骨院

西東京市 整体 骨盤矯正なら重度の腰痛ヘルニア専門の「おおしま整骨院」


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント!

ホームページ限定特典はこちら

ホームページ特典

お申し込みはこちら

電話・メール・LINEでのお問合せ

当整骨院は「完全予約制」となっておりますのでご予約いただくと、お待たせすることなくご利用頂けます。

施術中は電話に出られないことがあります。その場合は留守番電話となりますので、お名前とご連絡先を残してください。
当日か翌日に、こちらより折り返しお電話させていただきます。

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

line

【ラインでのご予約方法】
まずは上のQRコードか、ID (@hmo5171t) を入力して友達登録して下さい。
次に「お名前」「症状」「ご希望のお日にち」「時間帯」「電話番号」をお送り頂きましたら、こちらからご連絡させて頂きます。

西東京市の整体 骨盤矯正 重度の腰痛ヘルニア専門「おおしま整骨院」へのお電話はこちら

住所 〒188-0001 東京都西東京市谷戸町1-2-1 ラフィーネkitahara106
電話番号 042-427-4829 (完全予約制)
営業時間 月~金 8:30~12:30 15:00~20:00
土曜日 8:30~12:30 15:00~18:00
電話受付時間 営業時間と同じ
定休日 日・祝日
最寄のバス停 西武バス「谷戸住宅」徒歩30秒
最寄駅 西武新宿線 田無駅 徒歩15分、西武池袋線 ひばりが丘駅 徒歩14分
駐車場 1台無料 (隣接しておりませんが近所にございます)

コメントを残す

*

PAGE TOP

会社概要COMPANY



西東京市の整体 骨盤矯正 重度の腰痛ヘルニア専門「おおしま整骨院」

住所:〒188-0001
東京都西東京市谷戸町1-2-1
ラフィーネkitahara106

042-427-4829




MENU

MAIL

TEL
HOME