西東京市 ぎっくり腰にならない荷物の持ち上げ方

【完全予約制】Tel:042-427-4829

西東京市 ぎっくり腰にならない荷物の持ち上げ方

ぎっくり腰を予防できる整体ってあるの?

今日のテーマは「ぎっくり腰(急性腰痛)」と「重い物の持ち上げ方」です。

ぎっくり腰の最大の引き金となる動作は、重い物を床から持ち上げようとする動作です。

経験がある人はわかると思いますが、ぎっくり腰はメチャメチャ痛いです・・・少し、動作を工夫するだけで、ぎっくり腰のリスクが格段に下がります。

こんなつらい思いをもう絶対にしたくない!!って方は必ず役立ちますのでご覧ください^^

どんな時に「ぎっくり腰」起きるのか?

一番のポイントとなるのは「荷物と自分の重心との密着度」です。

背中をまっすぐにしたまま、膝を曲げずに荷物を持ち上げようとすると、荷物と自分の重心の位置が離れてしまいます。その為、負担が腰部へ集中していしまい、ぎっくり腰が起きてしまうのです。

ぎっくり腰にならない為には、「荷物と自分の重心を近づける」ことが重要です!!

その為には、荷物を身体に沿わせながら持ち上げましょう。両腕と荷物の関係を、2本のワイヤーで荷物を吊り上げるクレーンだとイメージして、腕と荷物が地面に対して極力水平・垂直な状態にすれば、腰部の負担を減らすことができます。

正しい荷物の持ち方プロセス

  • 立った状態で、つま先が荷物に触れる状態まで近づく。足幅は荷物が重ければ広くとればOKです
  • 胸を少しだけ荷物の方へ向ける。荷物を軽く持てるか否かを分ける重要な動きです!
  • 足を踏みしめて腰を下げ、腕は地面に対して垂直にし、手を荷物に強くかけます
  • 荷物を身体に沿わせながら、足の踏む力でゆっくりと持ち上げます
  • 荷物の重さに合わせて、自分が安定して立てる位置まで持ち上げます
  • 以上がプロセスになります。

    ぎっくり腰になりやすい方は、物を持ち上げるときに「腕と腰の力」で上げようとする傾向があります。あくまでも、「腕は体幹にぶら下がっているもの」ってイメージを忘れないでおけば、持ち上げた際、腕や腰が過剰に働かなくなります。

    そうなると、荷物の重さを「腰」ではなく「足底」で感じる事ができ、全身を使って持ち上げる子ことができるのです。その結果、ぎっくり腰のリスクも減っていくのです。


    ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント!

    ホームページ限定特典はこちら

    ホームページ特典

    お申し込みはこちら

    電話・メール・LINEでのお問合せ

    当整骨院は「完全予約制」となっておりますのでご予約いただくと、お待たせすることなくご利用頂けます。

    施術中は電話に出られないことがあります。その場合は留守番電話となりますので、お名前とご連絡先を残してください。
    当日か翌日に、こちらより折り返しお電話させていただきます。

    電話でのお問合せ

    メールでのお問合せ

    line

    【ラインでのご予約方法】
    まずは上のQRコードか、ID (@hmo5171t) を入力して友達登録して下さい。
    次に「お名前」「症状」「ご希望のお日にち」「時間帯」「電話番号」をお送り頂きましたら、こちらからご連絡させて頂きます。

    西東京市の整体 骨盤矯正 重度の腰痛ヘルニア専門「おおしま整骨院」へのお電話はこちら

    住所 〒188-0001 東京都西東京市谷戸町1-2-1 ラフィーネkitahara106
    電話番号 042-427-4829 (完全予約制)
    営業時間 月~金 8:30~12:30 15:00~20:00
    土曜日 8:30~12:30 15:00~18:00
    電話受付時間 営業時間と同じ
    定休日 日・祝日
    最寄のバス停 西武バス「谷戸住宅」徒歩30秒
    最寄駅 西武新宿線 田無駅 徒歩15分、西武池袋線 ひばりが丘駅 徒歩14分
    駐車場 1台無料 (隣接しておりませんが近所にございます)

    コメントを残す

    *

    PAGE TOP

    会社概要COMPANY



    西東京市の整体 骨盤矯正 重度の腰痛ヘルニア専門「おおしま整骨院」

    住所:〒188-0001
    東京都西東京市谷戸町1-2-1
    ラフィーネkitahara106

    042-427-4829




    MENU

    MAIL

    TEL
    HOME